ホーム > ピアノ演奏と脳の発達の関係

ピアノ演奏と脳の発達の関係

小さい頃からピアノを始めると脳の発達に良いといわれています。こちらでは、なぜピアノが脳の発達に良いのか、ピアノが脳にもたらす効果などを紹介いたします。

ピアノは早いうちから

3歳から7歳の間に急激に発達するといわれている「超感覚」は、様々な音楽を聴いたり、歌ったり、音で表現することによって脳に良い刺激を与えます。楽器を演奏するには、聴覚・視覚・手の動きを連動させる必要があります。楽器の演奏で、脳内の動作をコントロールする部分と知覚をコントロールする部分を連動させる力が身につきます。さらにリズム感だけではなく、運動神経も良くなるといわれています。

楽器演奏と運動神経の関係

音楽と運動と聞くと全く別ものと感じる方も多いかと思いますが、実は関連があるのです。多くの音楽家が7歳までの早いうちから楽器に触れています。早いうちから楽器に触れることによって、右脳と左脳の情報伝達が上手に行われるようになります。

運動神経は、右脳と左脳の情報伝達によって成り立っていますので、それが上手に行われていることで運動する能力が発達するのです。早い時期からピアノに触れていた人ほど、短い時間の練習で初めて行う運動を習得できたという実験データもあるほど、楽器の演奏と運動神経は関連があるのです。

人間性知能を高めることができる

人間性知能(HQ)を高めることによって問題解決能力・運動能力・言語能力・一般知能を高めることができます。
この人間性知能を高めるには、ピアノが有効的といわれています。ピアノを演奏するには両手の指を動かし、音を保ちながらその先の音まで先読みする必要があります。ピアノを適切に演奏するということが、人間性知能を高めることにつながるのです。

当店では、中古ピアノを販売しており、耐震アイテムや防音アイテムなども販売しています。お子様にピアノを習わせたいとお考えでしたら、まず中古ピアノの購入をおすすめします。ピアノ調律も行っておりますので、ピアノレッスンに通うお子様を別角度からサポートできます。

ピアノ調律はピアノを弾き続けるためにとても大切な作業です。東京千葉埼玉横浜川崎でピアノ調律依頼をお考えの方、中古ピアノの購入をお考えの方は、当店にご相談ください。ピアノに関する質問も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせ
オリコ    スルガ