ホーム > ピアノの種類とそれぞれの特徴

ピアノの種類とそれぞれの特徴

習いごとや趣味でピアノの購入をお考えの方もいらっしゃるかと思います。しかし、ピアノと一口に言っても、メーカーや内部構造の違いによって種類は様々です。こちらでは、3タイプのピアノをご紹介します。

デジタルピアノ

弦を叩いて音を出す一般的なピアノと違い、音源が電子回路となっているのが「デジタルピアノ」です。電子ピアノやエレクトロニックピアノとも呼ばれています。一昔前までは、キーボードに似たタッチのものが主流でしたが、現在では鍵盤を叩く強さでグランドピアノやアップライトピアノのように音色が変化するタッチレスポンス付き鍵盤を搭載しているものが増えています。しかし、音の広がりや表現の豊かさには限界があるのが現状です。

グランドピアノ

多彩な表現ができるグランドピアノは、床と水平に弦が張られているのが特徴です。大きさは、コンサートホールのような広い場所に設置するコンサートグランドと、防音対策された一般家庭にも設置できるベビーグランドがあります。
グランドピアノは、デジタルピアノやアップライトピアノでは感じることのできない音の滑らかさや広がりを感じることができます。また、トリルなどの連打もスムーズなので、より繊細な表現が可能です。

アップライトピアノ

床と水平に弦が張ってあるグランドピアノに対して、床に垂直に弦を張って狭いスペースでもピアノ演奏が楽しめるようにと考えられたのがアップライトピアノです。そのコンパクトさから、一般家庭のレッスン用として選ばれることが多いようですが、グランドピアノにも負けない性能を持っています。良いものと出会うことができれば、長く愛用していただけるのも特徴の一つです。

ピアノを購入する際は、ピアノそのものだけでなく、目的や設置場所に合ったものを選ぶことが大切です。

当店では、中古ピアノや消音ユニット、耐震・防音アイテムの販売をはじめ調律や整調、修理、調音等のメンテナンスを行なっております。東京や神奈川、千葉など関東地区を中心に出張サービスも行なっており、一般のお客様宅だけでなく、学校やライブハウス、飲食店、ピアノ教室などピアノがあるところなら、どこへでも伺います。ピアノに関することでお悩みなら、ぜひ当店にご相談ください。

  • お問い合わせ
オリコ    スルガ